便利なツール

欲しかった機能がある!高機能テキスト比較ツール「HappyDiff」を公開しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

diffって何?どんなときに使うと便利?

もともとはプログラムの差分比較をするコマンドでしたが、そこから違いを比較するツールなどの名称にも使われています。

テキストのビフォー・アフターを比較できるので、コピペチェックに使えることはもちろん、更新された箇所だけを見つけたい場合、テキストデータや数値データの差分を表示するなど、人間の目では疲れてしまう作業も、一瞬で解決できます。

差分比較ツール HappyDiffはこちら https://diff.creativeflake.com/

使い方

使い方はとても簡単、左右のテキストボックスに、比較したいビフォー・アフターの文字を入力・またはコピペして比較するだけ。

他の比較ツールとの違い

差分比較ツールはたくさんありますが、実は個人的にも使用していたサイトでは、機能面でかゆいところに手が届かず、こんな機能があったらなぁと考えていました。

そこで実際に作ってしまいました。

機能1 全角/半角スペースを無視できる機能

原稿は全角スペースで届いているんだけど、実際に入力するときは半角スペースなんだけどな、というときにぜひお使いください!

(例)
「今日は 全国的に晴れるでしょう」
「今日は 全国的に晴れるでしょう」

機能2 全角/半角文字を無視できる機能

アルファベットの全角派、半角派ってありますよね。

(例)
「Happy Diff」
「Happy Diff」

機能3 ひらがな/カタカナを無視できる機能

表記はともかく、内容が合ってればオッケー!ってときはこちら。

(例)
「パスワードを忘れた方はこちら」
「ぱすわーどを忘れた方はこちら」

機能4 PDFで分割されてしまう濁点、半濁点を1文字に変換して比較できる機能

PDFの文書をコピペすると、たまに「が」→「か」+濁点、「パ」→「は」+半濁点に分割されて、なんだこれー!ってイラついた方はこちらが便利です。

(例)
「私が行きます」
「私が行きます」
※一見同じに見えますが、上の「が」は分割されています。

機能5 アルファベットの比較も、どの文字が異なるのかをハイライト表示

比較ツールでアルファベット、英文を比較するとき、単語単位でまとめてハイライトされると、具体的にどの文字ですか?と思ってしまう面倒くさがり屋さんはすっきり!

差分比較ツール HappyDiffはこちら https://diff.creativeflake.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加