ハードウェア

ラズベリーパイ4(ラズパイ4)で携帯型PCを作ってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラズベリーパイ4(ラズパイ4)で携帯型PCを作ってみた

安いLinuxマシンがないかなとネットを探していると、アキバのとあるショップに「Hyper Keyboard Pi」というものがあった。

さてこの、Hyper Keyboard Piというのは、ラズパイに液晶やキーボードなどを搭載できるキットだそうで、これならラズパイを携帯型PCにできる!と思った私はすぐに購入。

ちなみに買ったのはこれ↓
https://www.kadenken.com/view/item/000000000948

Hyper Keyboard Piを設計したjinsonさん、ありがとう!!

さて、Hyper Keyboard Piは81個の物理スイッチに、Piと液晶がついている訳だが、いきなり完成品はこんな感じ。

ちょっと私の話を聞いてほしい

話は横道にそれるが、私は長いこと、ラズパイを買おうかどうか非常に非常に悩んでいた。

何年も悩んだ結論に至ったのは「買わない」という選択肢だ。

なぜならラズパイは一昔前のスマホよりも遅く、USBも2.0だし、RAMだって十分に足りない。

しかし!!ラズパイ4は違った!!!!
2019年6月に発売されたばかりのRaspberry Pi4のスペックをみて、ついに

「時代がキタ!!!! The time has come!!」

と思った私は即買いした訳だ。

簡単にラズパイ4のスペックを紹介すると、こんな感じだ。

●RAM 4GB
●1.5GHz クアッドコア 64bit CPU
●USB 3.0
●前のバージョンよりも熱くならない

今回の目的

私は単純に面倒くさがり屋で、それに「遊ぶ」という目的に反するため、手持ちのOSを使うのは嫌だったということが前提なのだが、
今回はまずArchLinuxをインストールし、最終的にOSを再コンパイルすることが目的。

イントールは極めてシンプルで、まずCentOS環境でインストールを試したところ、

早速、インストール中に問題が起こった!

「警告がめっちゃ出てるじゃないか!!」

そこでCentOS取りやめ、ArchLinux環境で再度トライしたところ今度こそうまくいった。
フゥー ε=(´ε`)

ちなみに、公式のインストール方法はこちらを参考にしてほしい↓
https://archlinuxarm.org/platforms/armv8/broadcom/raspberry-pi-4

今後の予定(作成中)

1. ArchLinuxとRaspberry Pi4でBluetoothを動かす方法
2. ArchLinuxとRaspberry Pi4でHyperPixel4を動かす方法
3. RaspbianとRaspberry Pi4でHyperPixel4を動かす方法
4. Touch画面で右クリックを設定
5. vscodeをインストール

次回に乞うご期待!!
※予定変更あり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加