ハードウェア

ハードウェア

ラズベリーパイ4(ラズパイ4)で携帯型PCを作ってみた

ラズベリーパイ4(ラズパイ4)で携帯型PCを作ってみた 安いLinuxマシンがないかなとネットを探していると、アキバのとあるショップに「Hyper Keyboard Pi」というものがあった。 さてこの、Hyper Keyboard Piというのは、ラズパイに液晶やキーボードなどを搭載できるキットだそうで、これならラズパイを携帯型PCにできる!と思った私はすぐに購入。 ちなみに買ったのはこれ↓ https://www.kadenken.com/view/item/000000000948 Hyper Keyboard Piを設計したjinsonさん、ありがとう!! さて、Hyper Keyboard Piは81個の物理スイッチに、Piと液晶がついている訳だが、いきなり完成品はこんな感じ。 ちょっと私の話を聞いてほしい 話は横道にそれるが、私は長いこと、ラズパイを買おうかどうか非常に非常に悩んでいた。 何年も悩んだ結論に至ったのは「買わない」という選択肢だ。 なぜならラズパイは一昔前のスマホよりも遅く、USBも2.0だし、RAMだって十分に足りない。 しかし!!ラズパイ4は違った!!!! 2019年6月に発売されたばかりのRaspberry Pi4のスペックをみて、ついに 「時代がキタ!!!! The time has come!!」 と思った私は即買いした訳だ。 簡単にラズパイ4のスペックを紹介すると、こんな感じだ。 ●RAM 4GB ●1.5GHz クアッドコア 64bit CPU ●USB 3.0 ●前のバージョンよりも熱くならない 今回の目的 私は単純に面倒くさがり屋で、それに「遊ぶ」という目的に反するため、手持ちのOSを使うのは嫌だったということが前提なのだが、 今回はまずArchLinuxをインストールし、最終的にOSを再コンパイルすることが目的。 イントールは極めてシンプルで、まずCentOS環境でインストールを試したところ、 早速、インストール中に問題が起こった! 「警告がめっちゃ出てるじゃないか!!」 そこでCentOS取りやめ、ArchLinux環境で再度トライしたところ今度こそうまくいった。 フゥー ε=(´ε`) ちなみに、公式のインストール方法はこちらを参考にしてほしい↓ https://archlinuxarm.org/platforms/armv8/broadcom/raspberry-pi-4 今後の予定(作成中) 1. ArchLinuxとRaspberry Pi4でBluetoothを動かす方法 2. ArchLinuxとRaspberry […]

ハードウェア

USB Type-C プラグがゆるくなったときの対策と直す方法

What to do when USB-C become very loose. USB Type-Cプラグがゆるくなったことはありませんか? 以前から気になってWebサイトで探してみたのですが、解決方法がなかったので 調査してみました。 原因は端末側にある? まずは端末側に問題があるのでは?と思い、プラグの設計を調べました。 今回はパソコンのUSB-Cです。 見たところ、端末側には調整できそうな箇所がありませんでした。 ではケーブル側が問題? じゃあ、ケーブル側に問題がありそうなので、ケーブル側を調べました。 USB Type-Cの設計図を検索して見てみると…… 見つけました!!!! ケーブル側の両サイドに、調整できそうなクリップがありました。 上列と下列からクリップを挟んでいる構造になっていますね。 この右端、左端のクリップ部分を、調整すれば簡単に直るはず!! ↓↓↓今回は裁縫用の針を使っています。↓↓↓ 細かい作業ですが、サイドから内側にクリップを注意しながら押して完成です!! 実際にPC端末に差してみると、緩みもなく、ぴったりでした。 緩んでいるかはクリック音で分かりますよ USB Type-Cを奥まで差し込むと、カチッという「クリック音」が聞こえます。 これが緩んでいると、クリック音が聞こえないので、調整の目安にしてくださいね。

ハードウェア

手遊び対策にぴったりなFIDGET TOYを買って使ってみました

最近話題のFIDGET TOY FIDGET TOY(フィジェット トイ)は、手持ち無沙汰なときや、落ち着かなくてソワソワするとき、ストレスでイライラしたとき、手遊び代わりにいじって遊ぶおもちゃです、 海外では数年前から流行り始め、日本でもここ最近はフィジェットスピナーなんかも人気ですよね。 フィジェットスピナーは円盤状の形をした、ひたすらぐるぐる回るのを眺めるアレです。 さまざまなお店でも取り扱うようになり、巷でも見かけることが多くなりました。 今回は中国製パクリを購入 前々から気になってはいたのですが、本家の製品はたしか10ドル以上した気がします。 1年前くらいにクラウドファンディングのサイトで見かけたときは、10ドル……つまり1000円以上で、高いなという感想でした。 そこでさすが中国、あっという間に形そっくりなものを作成してしまったので、今回はAliexpressさんで約1ドルで購入しました。 しかも送料込み。 おおよそ1週間ほどでメール便にて到着。 箱はボッコボコでしたが、中身は問題ないのでOK。 (だいたい、中国からのお買い物はこんなもんです。) 指先サイズでかなりコンパクト 大きさはポケットにも入るサイズなので、どこにでも持っていくことができます。 写真には撮ってませんでしたが、ストラップが付属していて、スマホやバッグにも付けられたり、 手首にかけて使うと落下防止にもなりそうです。 6面すべて遊べる! このおもちゃの特徴は6面すべてで遊べるので、その時の気分によって、どの面で遊ぶか選べるのがいいところ。 附属の説明書と感想。 Breath すべすべした面。 機能はとにかく「すべすべして気持ちいい!!」 この手触り感で、イライラしてたこともどうでもよくなりそう。 Roll よくあるロッカーのダイヤルと、よくわからないけど回るもの。 金属の回るやつのは結構楽しい。 Spin ぐるぐる回してDJ気分。 中国品だからか、スムーズに回転しないの難点だった。。 Click 個人的に1番のおすすめ。 とにかく押し心地が最高。 エンドレスにカチカチできるので、シャーペンの芯をカチカチやるのが好きな人はきっとハマると思う。 Glide いわゆるジョイスティック。 プレステのコントローラーとかについているあれです。 こちらも滑りが悪めでした。 Flip 電気のスイッチのあれ!! オンオフを無限にできるって最高。 そもそもの目的は発達障害や自閉症の指遊びだった 今や大人が楽しくストレス発散できるFIDGET TOYですが、この本家開発者のサイトでは、 発達障害や自閉症の方のそわそわした感じや、落ち着かない感じの対策として開発されたものだったと書いてあった。 そういった方は少ないかもしれないけど、実際自分も何かの考えに集中すると落ち着かなくなることが多く、 長いこと対策を考えてきたこともあった。 こんな小さなキューブがストレスや不安を吸収してくれるなんて考えると、たいしたものです。

ハードウェア

オフィス換気のため Co2 センサー作り ー Arduino, BME280, MH-Z19編

Arduino uno

今年冬が寒くて窓が開けられない日が多く、作業中に換気のタイミングがなかなかわかりにくい。 それを解決するにはCO2センサーだと思いました。 早速CO2センサー購入しようと、調べてみると通販で販売しているものが一番安くても3万円弱だったので、 自分でCO2センサー作ると考えて始まりました。 まずはもっている材料から試作です。 2012年にmiyamomoさんの記事を読んでMZK-RP150Nとeneloop買いました。 http://miyamomonikkie.blog.so-net.ne.jp/2012-12-29 早速Arduino UNO、Ethernet Shield、MZK-RP150NとLM35D繋げて試してみました。 いい感じで数字をテストサーバーにPOSTできるになりました。 ここまで試作がうまくできたので、本番用のCO2センサー探し始めました。 CO2センサーって意外と値段高いもので、一旦あきらめたんですが、 あの日偶然で上田さんの記事から中国で安いセンサーを販売してる店のリンクを紹介していたので、同じMH-Z19を買いました。 http://qiita.com/UedaTakeyuki/items/c5226960a7328155635f 試作でLM35D使ってみたんですが気圧も測りたくて、調べたら温度、湿度と気圧3つ測定できるのBME280を選びました。 繋げるとこういう感じでした。 MH-Z19はUARTとPWM両方できます、今回は簡単なUARTでTXとRXを繋げます。 BME280はI2Cで繋げるので、ArduinoのA5(SCL)とA4(SDA)を繋げます。 Arduinoソース MH-Z19は普通にSerial 9600bandから読めます。 使い方はネットでダウンロードできますが、簡単に説明すると、9 byteコマンド送って、レスポンスが戻ってきます。 0x86はreadコマンドで、戻るときも確認用のため0x86も一緒に返します。 例です

BME280の場合もうできてあるライブラリがあって、ここでダウンロードできます。 http://static.cactus.io/downloads/library/bme280/cactus_io_BME280_I2C.zip 細かく説明はこちらになります。 http://cactus.io/hookups/sensors/barometric/bme280/hookup-arduino-to-bme280-barometric-pressure-sensor

両方組み合わせでサーバーに送るソースはこれです。

サーバーサイドでd3.jsと組み合わせ、こういう風にみえます。