ハードウェア

USB Type-C プラグがゆるくなったときの対策と直す方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

What to do when USB-C become very loose.

USB Type-Cプラグがゆるくなったことはありませんか?

以前から気になってWebサイトで探してみたのですが、解決方法がなかったので
調査してみました。

原因は端末側にある?

まずは端末側に問題があるのでは?と思い、プラグの設計を調べました。

今回はパソコンのUSB-Cです。

見たところ、端末側には調整できそうな箇所がありませんでした。

ではケーブル側が問題?

じゃあ、ケーブル側に問題がありそうなので、ケーブル側を調べました。

USB Type-Cの設計図を検索して見てみると……

見つけました!!!!

ケーブル側の両サイドに、調整できそうなクリップがありました。

上列と下列からクリップを挟んでいる構造になっていますね。

この右端、左端のクリップ部分を、調整すれば簡単に直るはず!!

↓↓↓今回は裁縫用の針を使っています。↓↓↓

細かい作業ですが、サイドから内側にクリップを注意しながら押して完成です!!

実際にPC端末に差してみると、緩みもなく、ぴったりでした。

緩んでいるかはクリック音で分かりますよ

USB Type-Cを奥まで差し込むと、カチッという「クリック音」が聞こえます。

これが緩んでいると、クリック音が聞こえないので、調整の目安にしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a Reply