JavaScript

JavaScript

【jQuery】チェックボックスで「該当なし」を選択肢たらその他を非表示

今回は、チェックボックスで「該当なし」をチェックしたときに、他の選択肢は選択できないよう、非表示にするプログラムをjQueryを使って作成します。 動作 最終的にこんな感じで動きます。 //codepen.io/creativeflake/pen/qrMMmx HTML HTMLは、シンプルなリスト構造で作成するとして、input type=”checkbox” には「name」属性、「value」属性を記述します。 *もちろん、リスト以外でもOKです。 ここでクラス名を”check_multi”というものと、「該当なし」の場合は”check_unique”とします。

CSS CSSの .disabled はjQueryによって追加されるクラス名になるのですが、非表示となった場合、透過度を40%になるということを、あらかじめ設定しておきます。

JavaScript 前提条件として、head内でjQueryを読み込みます。 JavaScript本体は次のように記述します。

JavaScriptの解説 1行目 inputタグが変更されたら(チェックのオン・オフ)があった場合、以下の関数を実行します。 2行目 クラス名”check_unique”がチェックされていたら 3行目 クラス名”check_multi”を非表示(disabledをオンにする)にし、 4行目 クラス名”check_multi”のチェックを外し(checkedをオフにする)にし、 5行目 クラス名”check_multi”の親要素にクラス名”disabled”を付け加えます。 7行目 それ以外(クラス名”check_unique”がチェックされていない)とき 8行目 クラス名”check_multi”を表示(disabledをオフにする)にし、 9行目 クラス名”check_multi”の親要素からクラス名”disabled”を外します。 動作 こちらから改めて動作を確認してみてください! //codepen.io/creativeflake/pen/qrMMmx

JavaScript

任意の整数で乱数を作る[JavaScript]

JavaScriptで乱数を発生させる JavaScriptで乱数を発生させるには、Mathオブジェクトのrandomメソッドを使います。 Math.ramdom() では、0から0.9999…までの間の任意の乱数を「小数で」作ります。 乱数の範囲を広げる (例)0〜9.9999…までの乱数を作りたい場合 Math.ramdom() * 10 (例)0〜15.9999…までの乱数を作りたい場合 Math.ramdom() * 16 (例)0〜122.9999…までの乱数を作りたい場合 Math.ramdom() * 123 つまり、” Math.random() * 乱数の範囲 “ が公式です。 整数の乱数を発生させるには 整数の乱数を作りたい場合は、Math.floor を使って、小数以下を切り捨てる方法があります。 (例)0〜9までの乱数を作りたい場合 Math.floor(Math.ramdom() * 10) (例)0〜15までの乱数を作りたい場合 Math.floor(Math.ramdom() * 16) ここでも、” Math.floor(Math.random() * 乱数の範囲) “ が公式です。 任意の整数で乱数を作る (例)5〜14までの乱数を作りたい場合 Math.floor(Math.ramdom() * 10) + 5 (0〜9の乱数に、5を加える) (例)10〜100までの乱数を作りたい場合 Math.floor(Math.ramdom() * 91) + 10 (0〜90の乱数に、10を加える) […]