任意の整数で乱数を作る[JavaScript]

JavaScriptで乱数を発生させる

JavaScriptで乱数を発生させるには、Mathオブジェクトのrandomメソッドを使います。

Math.ramdom() では、0から0.9999…までの間の任意の乱数を「小数で」作ります。

乱数の範囲を広げる

(例)0〜9.9999…までの乱数を作りたい場合
Math.ramdom() * 10

(例)0〜15.9999…までの乱数を作りたい場合
Math.ramdom() * 16

(例)0〜122.9999…までの乱数を作りたい場合
Math.ramdom() * 123

つまり、” Math.random() * 乱数の範囲 “ が公式です。

整数の乱数を発生させるには

整数の乱数を作りたい場合は、Math.floor を使って、小数以下を切り捨てる方法があります。

(例)0〜9までの乱数を作りたい場合
Math.floor(Math.ramdom() * 10)

(例)0〜15までの乱数を作りたい場合
Math.floor(Math.ramdom() * 16)

ここでも、” Math.floor(Math.random() * 乱数の範囲) “ が公式です。

任意の整数で乱数を作る

(例)5〜14までの乱数を作りたい場合
Math.floor(Math.ramdom() * 10) + 5 (0〜9の乱数に、5を加える)

(例)10〜100までの乱数を作りたい場合
Math.floor(Math.ramdom() * 91) + 10 (0〜90の乱数に、10を加える)

(例)10〜20までの乱数を作りたい場合
Math.floor(Math.ramdom() * 11) + 10 (0〜10の乱数に、10を加える)

公式は、” Math.floor(Math.random() * 乱数の範囲) + 最小値 “ です。