JavaScript

JavaScript入門の教科書「変数とは何か?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

変数とは?

JavaScriptの変数は、前もって数値やデータを入れておく場所のことで、メモリ空間とも呼ばれます。
数学ではxやyが代表的な変数として、中学校以降学んだと思います。

変数を使うには「宣言」する必要がある

JavaScriptで変数を使う場合、先にこれが変数だよ、とパソコンに教える必要があります。
これを「宣言」と呼びます。

宣言の仕方は次の通り、var に続けて変数名を書きます。

ちなみに、varは”variable”(変数)の略語です。

では実際に変数を宣言してみましょう。

上記では4種類の変数を宣言したところです。

変数にあらかじめデータを入れておくこともできる

先ほどの var 変数名; は変数を宣言したところですが、それと同時に
数値や文字などのデータを入れておくこともできます。

ここで、名前にはクォーテーションマークがついていて、年齢にはついていませんが
詳しくは別のテーマで取り上げたいと思います。

ここで使った = (イコール記号)が「代入」を意味します。
数学のイコール(等しい)とは違う意味なので注意!!

つまり var name =’太郎’; の場合は、
nameという変数を宣言し、そこに「太郎」というデータ(文字)を代入する。

変数に代入された最初の値を「初期値」といいます。

逆に、
var name;
のように、変数のみ宣言され、値が代入されていないものを「未定義値(undefined)」といいます。

1行にまとめて変数を宣言することもできる

先ほどの変数宣言の例では4つの変数を4行にそれぞれ書きましたが、
まとめて1行で書くこともできます。

カンマ(,)を使って、それぞれの変数名を記載します。

変数の名前のつけ方ルール

var 変数名;
の変数名は、ほとんどの場合、好きな名前をつけることができますが、
少しだけルールがあるので紹介します。

●ルール1 使える文字は次の通り
英字、数字、アンダースコア(_)、ドル記号($)

●ルール2 変数名は数字から始めてはいけない

●ルール3 予約語を使用してはいけない
予約語を変数名の一部に含めることは可能

●ルール4 大文字・小文字は区別され、別の名前とみなされる

変数名のつけ方は基本自由だからといって、
var abc;
var zzz;
などの意味が分かりづらい名称は避けたほうがよいです。

後々プログラムを見直したときに、この変数って何だっけ?ってならないよう、
他の人が見ても分かるような名前をつけましょう。

またチームで作業をする場合は、命名規則をつくるとスムーズに作業が進みます。

予約語一覧

予約語は、JavaScriptの仕様で最初から定義されている文字のことで、変数名に使うことはできません。

予約語は覚える必要はありませんが、それっぽい単語を使うときはこのページを見直して、
予約語でないかチェックするとよいでしょう。

▼予約語一覧

break case catch continue default delete do
else false finally for function if in
instanceof new null return switch this throw
true try typeof var void while with

内容の確認問題

1. 次のうち、JavaScriptの変数名として使用できるものはどれでしょうか?
 a. my_name
 b. your.age
 c. 2shop
 d. shop2
 e. $name
 d. ADDRESS

2. Var は予約語ですか?

確認問題の解答

1. a, d, e, d
ピリオド(.)は使えません。
数字から始めることはできません。

2. JavaScriptでは大文字・小文字を区別するので、予約語のvarとは異なり、Varは予約語ではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加