ネタ

ネタ

「ブラウザ」と「ブラウザー」はどっちが正しい表記?

カタカナ語の表記 カタカナ語、外来語には、「アイデア」と「アイディア」、「ピーナツ」と「ピーナッツ」、「ボウリング」と「ボーリング」のように果たしてどちらが正しい表記なのだろうか、と考えてしまう言葉がたくさんある。 特にIT用語は元は英語の単語が多く、カタカナ語の表記がサイトや企業によって異なっていることがある。 そこで、よく使うIT用語の表記についてどっちが正しいのか調べてみた。 ここでは、IT業界のキングGoogle社と、マイクロソフト社のヘルプページで表記されている単語、 そして辞書界の帝王Wikipediaでの表記、 さらにメディアの老師 各新聞社の表記で調査をした。 新聞業界のルール 日本新聞協会新聞用語懇談会なる表記基準があり、ルールに基づいた表記で記載するということで、 主なルールは次の通り ・-er, -or, -arは原則、長音記号「ー」で表す 「ブラウザ」と「ブラウザー」 ●Googleでは「ブラウザ」と表記。 ●マイクロソフトでは「ブラウザー」と表記。 ●Wikipediaでは「ブラウザ」と表記。 ●新聞業界では「ブラウザー」と表記 ただ、新聞社によっては「ブラウザ」もあり。 Webメディアは比較的「ブラウザ」率が高かった。 結果、「ブラウザ」と「ブラウザー」はどっちでもよさそう。 「ユーザー」と「ユーザ」 ●Googleでは「ユーザー」と表記。 ●マイクロソフトでは「ユーザー」と表記 ●Wikipediaでは「ユーザー」と表記。 ●新聞業界では「ユーザー」と表記。 結果、「ユーザー」と書いたほうが一般的のようです。 「コンピュータ」と「コンピューター」 ●Googleでは「コンピュータ」と表記。 ●マイクロソフトでは「コンピューター」と表記。 ●Wikipediaでは「コンピュータ」と表記。 ●新聞業界では「コンピューター」と表記。 結果、「コンピュータ」と「コンピューター」はどっちでもよさそう。 「エクスプローラー」と「エクスプローラ」 ●Googleでは「エクスプローラー」と表記。 ●マイクロソフトでは「エクスプローラ」と表記。 ●Wikipediaでは「エクスプローラー」と表記。 ●新聞業界では「エクスプローラー」と表記。 結果、「エクスプローラー」率がやや高め。 「セキュリティ」と「セキュリティー」 ●Googleでは「セキュリティ」と表記。 ●マイクロソフトでは「セキュリティ」と表記。 ●Wikipediaでは「セキュリティ」と表記。 ●新聞業界では「セキュリティー」と表記。 結果、「セキュリティ」率がやや高め。 「センサー」と「センサ」 ●Googleでは「センサー」と表記。 ●マイクロソフトでは「センサー」と表記。 ●Wikipediaでは「センサ」と表記。 ●新聞業界では「センサー」と表記。 結果、「センサー」率がやや高め。 みなさんはどっちで書いていましたか? いずれの表記も、必ずしもどっちかが正解ということもありません。 ただ、文書にするときは、どちらかの表記に統一する(同じ文書内では、「ブラウザー」と「ブラウザ」をミックスしない)ことが重要です。

ネタ

【子どもも大人も一緒に学ぼう!】ITあいうえお表を作りました

ITあいうえお表 私事ですが、子どものあいうえお表をみていると、自分だったら「あ」は何にするかな、 と考えているうちに、ITあいうえお表ができあがりました。 ぜひお子さまと一緒に、大人同士でも、IT用語とITあるあるが学べてしまいます。 ぜひ壁に貼って覚えましょう。 ▲クリックでPDFが開きます。 個人的にお気に入りは「の」です。

ネタ

Web担当者になったら 日々のサイトチェックは何をすればよい?

Web担当者の役割とは? 会社やキャンペーンサイトなのどの担当者になったら、具体的に何をしたらよいでしょうか? 定期的にサイトをしっかりチェックしておかないと、会社や運営者の信頼を損ねる可能性もあります。 また、サイトの利用者・ユーザーからの様々な問い合わせに対する対応や、クレームがないかどうかのチェックも必要です。 ここではチェックすべき項目と、ユーザー対応の項目を確認してみましょう。 定期的なサイトのチェック項目は5つ チェック項目1 : 動作チェック 例えばお問い合わせフォームが正しく送信される状態か、入力画面や送信画面でエラーが発生していないかを確認します。 フォーム以外には、JavaScriptやjQueryなどの動的な仕組みを使用している箇所は、正しく動作しているか、画面やコンテンツの切り替え時間がかかりすぎていないかの確認を行います。 jQueryの場合は、バージョンの確認、ある程度の年数が経った場合は、新しいブラウザにも対応しているか、バージョンアップの検討も必要です。 チェック項目2 : リンク切れ リンクが切れていないか確認する方法は、手作業でリンクをクリックする方法もありますが、ツールを使って一括チェックする方法もあります。 リンク切れチェックツールの紹介 ・http://validator.w3.org/checklink ・https://www.dead-link-checker.com/ja/ ・http://link-check.jp/ ・https://trickster.tools/link-checker/ チェック項目3 : 古い情報の確認 会社のホームページの場合、例えば住所変更や電話番号の変更、役員の異動など、古い情報のままになっていませんか? キャンペーンを行っている場合は、キャンペーン終了後すみやかに「終了しました」の掲示をすべきです。 古い情報がそのまま残っているサイトは、サイトを更新していない感丸出しで、信用問題にもつながりかねます。 チェック項目4 : ページを削除・移動した場合 サイトのURLを変更した場合、ページそのものを削除した場合は、従来のURLでそのお知らせを行うか、サイト全体に404(ページが存在しません)ページを設け、トップページなどへ戻るボタンを設置するのが一般的です。 例えば、ブラウザのブックマークに入れていたユーザーがある日突然ページにアクセスできなくなると、サイト全体がなくなってしまったのか分からなくなります。 またユーザーにとってそのような状況はストレスで、そのサイトを使用することをやめようと思うユーザーも少なくないはずです。 ▼企業における404ページの例 JRさんの404ページ 任天堂さんの404ページ サントリーさんの404ページ チェック項目5 : 不正アクセスチェック 難易度は上がりますが、サイトに不正アクセスが行われていないかのチェックを行います。 大手企業や有名なキャンペーンなどのWebサイトは、ほぼ毎日、不正アクセスの試みが行われていると考えてもよいほどです。 ※試みであって、実際に不正アクセスが行われているわけではありません。 不正アクセスとは、クラッキングによるサーバーへの不正アクセス、ページの改ざん、DoS攻撃(一度に大量のアクセスを行って、サイトをダウンさせる攻撃)などがあります。 対策としては、定期的にサーバーログをとって、あやしいアクセスがないかを確認します。 何度もクラッキングを試みるユーザーがいた場合は、不正アクセスを防ぐため、そこからのアクセスを一時的にできなくするなどの対処法があります。 ユーザー対応は3つ チェック項目1 : お問い合わせへの対応 お問い合わせフォームやメールでお問い合わせがあった場合、できるだけ速やかに回答します。 特に苦情に対しては迅速に対応することで、企業やサイトへの信頼感のアップの改善に努めます。 お問い合わせが多いサイトの場合は、専属のお問い合わせのスタッフを設けるほか、サイトの見直しを図る必要があります。 チェック項目2 : […]

ネタ

【Mac OS版】Chrome Castが「デバイスが見つかりませんでした」ときの解決方法(30秒で設定完了)

Chrome Castがパソコンからだけ繋がらない、認識しない スマホからは接続できるけど、パソコン(Chromeブラウザ)では「デバイスが見つかりませんでした」という表示になり、接続できない現象の場合。 chrome://flags/にアクセス chrome://flags/にアクセスし、「Connect to Cast devices on all IP addresses」の項目を、「Default」から「Enabled」に変更します。 ※URLバーにchrome://flagsをコピペまたは手入力してください。 ※Goolge Chromeブラウザからのみ有効です。 Chromeを再起動 次にChromeを再起動すると、設定が反映されるので、これで完了です。

ネタ

第一回?第1回?文章中の数字は漢数字か算用数字か

記述の基本的なルール 横書きは算用数字(0, 1, 2,…)を、縦書きは漢数字(一, 二, 三,…)を使うということを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか ? Webページは横書きであることがほとんどなので、算用数字を使うことが大前提ですが、例外や紛らわしい例を紹介したいと思います。 第1回?第一回? 「第1回餅つき大会を開催します」という文章はどうでしょうか? 第●回という場合は、算用数字で書くのが通例です。 (例)第2回全国大会、第5回社員総会など 横書きでも漢数字を使う場合 四字熟語や固有名詞の場合は、横書きでも漢数字を使う場合があります。 (例)一石二鳥、一問一答、百戦百勝などの四字熟語 (例)北斗七星、二酸化炭素などの固有名詞 このあたりは通常からしっかりと使い分けているのではないでしょうか? 北斗7星、1石2鳥は違和感がありますもんね。 1年?一年? では「いちねん」の場合はどうでしょうか? 小学1年生、高校3年は算用数字を用います。 他に、「保証期間は購入から3年間」も算用数字です。 漢数字を用いるケースもあり、「一年中暖かい気候」の場合は漢数字です。 1級?一級? 「英検3級に合格した」の場合は算用数字です。 漢数字を使う場合は「一級品のお茶をいただいた」の場合があります。 級と段で違う? 英検3級、漢検準2級などは算用数字ですが、剣道二段、将棋七段などは漢数字を使うことが多くあります。 でも「階段を100段登った」は算用数字ですね。 単語の中に算用数字と漢数字を混在させる場合もある 「3人一組で行動する」、「10年に一人の逸材」の場合は算用数字と漢数字を混ぜて使うことがあります。 算用数字か漢数字かは絶対のルールではない 色々な例を紹介してきましたが、必ずしもこの場合は算用数字を、漢数字を使わなければならないということではありません。 「英検三級」でも「第一回株主総会」でも問題ありません。 注意すべきは、Webページ内で統一した表記にすることです。

ネタ

「Windowsアップデート」あるある40選!

オフィスで働いたことのある人なら共感できるはず。 仕事をしていたらWindowsアップデートが突然始まった。 何もできないもどかしさと、やったぜ!の複雑な思いが混ざる「あるある」を40個厳選しました。 それではどうぞ!! 【Windowsアップデートあるある】 それは突然始まる 予告もなしに 出社してパソコンを起動したらアップデート画面 トイレに行ってみる トイレから戻ってもまだ終わってない 缶コーヒーを買ってくる 戻ってもまだ終わってない ちょっとタバコに行ってくる なかなか進まないアップデート 仕事できないんだよな〜と思いながらも、仕事をサボる得した気分 案件が立て込んでいる日は地獄 Macユーザーに、「Macにすれば?」と言われる Windowsにしかできない作業もある、と心の中で反発 世界中がMacだったら…と思う瞬間もある 普段はMacユーザー、検証用にたまに使うと、これだからWindowsは、とボヤく 「今日は仕事にならなくて困ったよ〜」と、社内の女の子に話しかけに行く 「しょうがないですよ〜」 「私も先月そうだったので分かります〜」は鉄板アンサー。 そろそろかなと思ったらまだ半分 自分だけ手持ち無沙汰が気になりだす アップデートが終わると、異次元から元の世界に戻った気分 アップデート後は動作が重くなった気がする 強制的にアップデートするなよと、腹ただしく思うときもある アップデートは自分のタイミングでやりたい Windowsには優しさが足りないと感じる 作業しかけのデータが気になる セキュリティパッチでも、自分だけは今やらなくても大丈夫感がすごい 1日を終えたときの虚無感がすごい 最終的に帰り間際に仕事がたまる こんなことなら朝からちゃんと仕事したかった まあでも、納期当日じゃなくてよかったよ 今日は定時に帰るぜ!の日に限って終了間際のアップデート こんな日のアップデートに限って長い 待てども終わりが見えず とにかく苛立ちしかない このまま気づかなかったフリして帰ろうかとも思う デスクトップならモニターを消して、ノートならぱたんと閉じて帰るその勇気が… 仕方なく同僚に「悪いんだけど、コレ再起動したらシャットダウンしといて」と頼んで帰る アップデートは忘れた頃に必ずやってくる そんなところも逆に愛おしい僕のWindows