ネタ

ネタ

「Windowsアップデート」あるある40選!

オフィスで働いたことのある人なら共感できるはず。 仕事をしていたらWindowsアップデートが突然始まった。 何もできないもどかしさと、やったぜ!の複雑な思いが混ざる「あるある」を40個厳選しました。 それではどうぞ!! 【Windowsアップデートあるある】 それは突然始まる 予告もなしに 出社してパソコンを起動したらアップデート画面 トイレに行ってみる トイレから戻ってもまだ終わってない 缶コーヒーを買ってくる 戻ってもまだ終わってない ちょっとタバコに行ってくる なかなか進まないアップデート 仕事できないんだよな〜と思いながらも、仕事をサボる得した気分 案件が立て込んでいる日は地獄 Macユーザーに、「Macにすれば?」と言われる Windowsにしかできない作業もある、と心の中で反発 世界中がMacだったら…と思う瞬間もある 普段はMacユーザー、検証用にたまに使うと、これだからWindowsは、とボヤく 「今日は仕事にならなくて困ったよ〜」と、社内の女の子に話しかけに行く 「しょうがないですよ〜」 「私も先月そうだったので分かります〜」は鉄板アンサー。 そろそろかなと思ったらまだ半分 自分だけ手持ち無沙汰が気になりだす アップデートが終わると、異次元から元の世界に戻った気分 アップデート後は動作が重くなった気がする 強制的にアップデートするなよと、腹ただしく思うときもある アップデートは自分のタイミングでやりたい Windowsには優しさが足りないと感じる 作業しかけのデータが気になる セキュリティパッチでも、自分だけは今やらなくても大丈夫感がすごい 1日を終えたときの虚無感がすごい 最終的に帰り間際に仕事がたまる こんなことなら朝からちゃんと仕事したかった まあでも、納期当日じゃなくてよかったよ 今日は定時に帰るぜ!の日に限って終了間際のアップデート こんな日のアップデートに限って長い 待てども終わりが見えず とにかく苛立ちしかない このまま気づかなかったフリして帰ろうかとも思う デスクトップならモニターを消して、ノートならぱたんと閉じて帰るその勇気が… 仕方なく同僚に「悪いんだけど、コレ再起動したらシャットダウンしといて」と頼んで帰る アップデートは忘れた頃に必ずやってくる そんなところも逆に愛おしい僕のWindows